カテゴリ:6年生

令和元年度 卒業式

3月24日、無事卒業式を終えることができました。

参加者は卒業生と保護者、教員のみ、そして時間は短縮しての挙行でしたが、59名の卒業生は、立派な態度で式に参加しました。

学校の代表として校内外の行事等で活躍し、最高学年としての役割を立派に果たした卒業生は、皆様に温かいお言葉や励ましをいただいたことに感謝しながら、これから充実した中学校生活を送ってくれるものと信じています。

卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございます!。

0

小学校生活最後の遠足「劇団四季ミュージカルの観劇・松山城ウォークラリー」

 忘れていた冬を思い出させる寒風の中、小学校生活最後の遠足が始まりました。

 冷たい風のため体感温度は肌寒かったものの、澄んだ空のもと、子どもたちは楽しい思い出作りができたようです。

 午前中は、市民会館で劇団四季ミュージカル「カモメに飛ぶことを教えた猫」を観劇しました。

 

 

 

 

 

 

 始まりから迫力満点の歌や踊りがあり、子どもたちは瞬く間に目の前の出来事に釘付けになりました。約2時間の公演でしたがたくさんの感動を味わう貴重な体験となりました。

 残念ながら、館内撮影禁止のため、その興奮を画像でお伝えすることができませんが、保護者の皆様は、ぜひお子様に感想を尋ねてみて下さい。

 

 午後からは、城山公園から松山城天守閣までの道のりを歩くウォークラリーを行いました。グループごとに4つの課題と15問の問題に挑戦しながら、90分程度の道のりを歩きました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 観劇の後は、慌ただしくお弁当を食べ、息をつく間もなくウォークラリー。あっという間の一日でしたが、一緒にお弁当を食べたり遊んだり、小学校最後の遠足を満喫していたようです。

 

 

 

0

平和の語り部(平岡 惠行様:ひらおか よしゆきさま)にお話を聞いたよ。

 本日は、平和の語り部:平岡惠行様(92歳)をお迎えして、戦争体験をお話しいただきました。

 当時の写真や資料をもとに丁寧にお話しいただき、子どもたちも真剣な表情で聞いていました。

 原爆ドームの見学や歴史学習だけでは得られない生の声に、涙ぐむ子どももいました。

 令和の新時代を迎え、戦争を体験した方々も高齢化しています。戦争を繰り返すことのない平和な日本を支えるために何ができるのか。考えさせられた時間でした。


 

0

防災マップづくり

先週町歩きをして集めた情報を元に、今日は、防災マップづくりです。今回も先日の町歩きに引き続き防災士の大学生に援助してもらいながら、熱心に作成しています。1年生から地域のみなさんにも分かりやすいように、工夫して作っています。完成を楽しみにしてください。協力してくださった愛媛大学の学生さん及び先生方ありがとうございます。

0

町歩き ~守れぼくらの町を~

 10月9日(水)8:50頃、防災マップ作成を目的とした町歩きを実施しました。

 早朝より、消防署、愛媛大学防災士、松山工業高校学生、保護者の皆様のご協力をいただき、高浜の町歩きが始まりました。いつもとは違う視点で校区を歩くと、様々な発見があったようです。昨年の豪雨災害の経験もあり、子どもたちのまなざしからは、「自分たちの町を守る」という強い気持ちが感じられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

町には、防災のために様々な備えがありました。皆さんも是非、町歩きをして見付けてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもとは違う視点で町を見つめることで、高浜のことをさらに深く知ることができました。

 南海トラフに関わる大地震も近い将来予測されている今、防災学習は欠かすことのできない重要な活動です。自分たちの町を守ることのできるマップづくりに繋げていきたいと思います。

 ご尽力いただいた関係者の皆様、本当にありがとうございました。

0